Water and Earth

WordPressでphpやらcssのコーディング 練習に使ってるブログ。でも最近はKali の勉強してます。

VB で起動したkali の解像度を変更してみた

VirtualBox にkali 入れたんですけど、画面が小さい!

これ、VirtualBox の設定のせいみたいなんすよ。

VB に入れたゲストOSの解像度を変更するには「Guest Addition」ってのをインストールすればいいそうです。

この記事参照しました。

VirtualBoxを全画面(フルスクリーン)で表示する方法 – VirtualBoxの使い方

 

が!CDドライブにVirtualBox Guest Addition なんて入っとらんヨ!!

そもそもkali は.ova から入れたし。

どないすんねん!

・・・ってことで調べました。

 

VB上のkali でフルスクリーン設定のやり方を記事にしてくれてる人が居たので、その記事参照。

VirtualBoxで起動したKali Linuxの解像度を変更する方法 | IT-Hack

 

この記事にあるように、一度kali の設定画面を開けばよかったんだけど、上でリンクした記事を先に見てたこともあって、VirtualBox Guest Addition を入れようとしてみたんよ。

ターミナルからコマンド打ってみたら、「うーんと、すでに入ってるけど上書きすんの?(超意訳&てきとう訳&端折ってます)」みたいなメッセージが出てきたんよ(英語で)。

『え?マジで?』と思い、ターミナルではいったんキャンセルに。

次にkali の「設定」(画面の右上にある逆三角形をクリックして、一番下の左にあるヤツ)を開いて、ディスプレイの項目を探すけど見当たらん!

デバイス>ディスプレイで進むと発見できる。そこをクリックしてみたら、びよーんと解像度が出てくるじゃないですか!

なんと!すでに入ってたよ・・・。

 

VirtualBox もkali も今年のアップデートでけっこう変更があったみたいで(適当に推測)、先人が残してくれた記事とは微妙に違ってることがkali 入れてる時にもあったんですけど、これもその一つっぽい。

 

すげー時間かかったよ・・・Orz

何を思ったか、ろくにUbuntu を使ってないのにKali を入れてみることにしました。

これが長かった!!

 

手間取ってあっちこっち見たので、忘備録的に残しとこうと思う。

 

 

Kali Linux のISOイメージファイルをゲトしてくる

まず、手持ちの空きPC その2(Ubuntu が入ってるヤツ)のハードディスクにKali をインストールしようと思ったんよ。

ってことで、Kali の公式サイトのDL ページへ

手持ちの空きPC その2はもともとwin 64bit だったので、

「Kali linux 64 bit」の「HTTP」の方をクリックするとISOイメージファイルのDL が始まります。

「Torrent」は通信速度が遅い場合に選ぶ?

光とかブロードバンド使ってるなら「HTTP」をクリックで大丈夫な希ガス。

ISO イメージファイルとterrent ファイルについてはUbuntu 入れる時に調べてたので、それが役に立ったな・・・。

 

 

Rufus でusb フラッシュメモリに入れてみた

ブータブルusbフラッシュメモリを作成するソフトで「Rufus(ルーファス)」ってのがあるので、それでkali のISOイメージファイルをusb フラッシュメモリに放り込む。

 

ブータブルusb フラッシュメモリを作る場合はISOイメージファイルで作ればいいんやけど、ハードディスクにインストールしたい場合はディスクイメージ(?)でないとあかんみたいです。

ディスクイメージファイル(?)にするには、「DD for windows」ってソフトが有名っぽいけど、「Rufus」でもできる。

 

 

 

パーティションがぁ!

ここで問題発生。

てか、その前段階で、ISOイメージファイルでUSB フラッシュメモリに放り込んでしまって、DDに作り直しとかやってたんですけどね。

ディスクイメージでusbフラッシュメモリに放り込んだやつを空きPC その2に刺してPCを起動させたら、インストーラーは起動したんですよ。

「Install」か「Graphical Install」のどっちかからインストール。

ちなみに、「Install」でインストールしてくとBIOS みたいな画面になる。「Graphical Install」は読んで字のごとくグラフィックなインストール。GUIな感じ? 公式サイトのインストール手順が「Graphical Install」ですね。

言語や地域などを設定して、パーティションのところまで辿りついたんですけど・・・

このパーティションディスクが、USB フラッシュメモリを見に行っちゃってるんよ。

想像するに、「USB フラッシュメモリ」だとLive で使うのが大前提なのかも。

 

今調べてみたら、こんなページ↓があったし・・・。

Making a Kali Bootable USB Driver (英語)

このページで「SDカードが使えます」って書いてある。

これらの情報から

(ハードディスクにインストールする場合はまず)DVD に焼くか、ディスクイメージでSD カードに放り込め

ってことじゃなかろうかと・・・。

 

 

 

じゃあ、普段使いのPCにVB 使って入れてみるか

後日、気を取り直してメインで使ってるPC (Windows10)にVirtualBox を入れて、VB にKali を入れてみるか・・・って思ってやってみた。

参考にしたのは、この記事。

ちょこっとホワイトハッカーになった気持ちになって、VirtualBox上にKali Linuxをインストールし、Metasploitを使ったペネトレーションテスト(脆弱性診断)をやってみた ※最後に「Star Wars」ネタもあるよ!※

 

 

まずはVirtualBox を仕入れてくる。

Oracle のサイトでも、VirtualBox のサイトでもどちらからでも入手可能。

Extension Pack もゲトしとく。

 

VirtualBox をインストール。

インストールできたら、VirtualBox を起動して、拡張機能を有効にしようとしたらエラーっすよ。

同じ症状の人が記事書いてくれてたので、それ参照。

Virtual BoxのExtension Packageインストールで失敗したので手動インストール方法

 

「.tar.gz」ってのは、「tarコマンドで1つにまとめたファイル(tarファイル)をgzipコマンドで圧縮したファイルに付く拡張子」だそうです。

.tar.gz【拡張子】とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

 

普段使いのPC の中に「Lhaplus」を入れてあるので、それで解凍したら解凍できた。

この時、「同じ名前のフォルダがすでにあるので解凍できませんでした」ってメッセージが出たりもしたけど、問題なかった。

 

 

 

VB 用のKali を入手してインストール

ハードディスクにインストールするとかLive を作るのに入手したISO イメージファイルとは別に、VirtualBox 用のファイルを入手してくる。

https://www.offensive-security.com/kali-linux-vm-vmware-virtualbox-hyperv-image-download/

 

VirtualBox 用だと拡張子が「.ova」ってファイルです。オープン仮想フォーマット(.ovf)をtar 形式で1つにまとめたのが「.ova」みたいです。

 

VB を起動して、入手してきたova ファイルをインポート。

無事インポートできたみたい。

しかし、起動してみたらエラーっすよ!!

 

出たエラーメッセージがこれね。

 

仮想マシン”Kali-Linux-2018.2-vbox-amd64″のセッションを開けませんでした。VT-x is disabled in the BIOS for all CPU modes (VERR_VMX_MSR_ALL_VMX_DISABLED).

終了コード : E_FAIL (0x80004005)
コンポーネント: ConsoleWrap
インターフェース: IConsole {872da645-4a9b-1727-bee2-5585105b9eed}

 

「BIOS で障害が出てます」ってことらしいので、BIOS の画面を開いてみる(って言い方でいいのか?)。

「Intel Virtualization Technology」が有効になってなかったので、有効にする。

ここら辺は以下の2記事を参照。

Virtualboxで64bitOSを扱えない。VT-x is not available (VERR_VMX_NO_VMX). – ah-2.com

[vagrant]Windows10端末でのVT-xのエラー - yyuuiikk blog

 

で、Kali の画面らしきものが出るようになったんだけど、リカバリーモードか何かに入る画面が出て、「Kali /GUI」を選択してEnter 押しても黒い画面になるだけなんよ。

キーボードで何か打っても反応なし(入力されない)。

 

 

 

めんどくさいんで一旦VB からKali 削除してみました

原因がぜんぜんわかんないんし、ここまですでにけっこう大変だったんで、もう調べる気力もあんまなくなったんで、VB からkali を削除してみた。「除去」って言うらしいよ。

この記事参考にしました。

仮想マシン(ゲストOS)の削除 – ぐ~だらびより。

 

で、も一回VB からインポートしてみたら、

 

できたよー ヤッタ-☆└(゚∀゚└))((┘゚∀゚)┘ヤッター☆

 

 

な、長い道のりだった・・・。勉強になったけど。

 

けっこう疲れた

どだーっとPCやらネットやらのことを頭に詰め込んだので、いっきにお疲れモード。

なもんで、昨日今日はわりとのんびりめで。

もう眠かったらとっとと寝る!を実行。ほっとくと寝ないでいろいろやってしまいがちなので、ほどよく休憩的なものも入れつつ。

 

英語の動画見て、日本語で調べて~を相変わらずやってたんだけど、日本語で調べてもよう分らんw

ってことが出てきたので、ちょっと休憩。そんなことがあったので、昨日今日はのんびり寝たりしてたんですが。

昨日だったかおとといに、ネットセキュリティにつていあれやこれや調べてたので、「そういや…」といろいろ放置してたパスワードの変更したり、あいぽんにもセキュリティアプリ入れたり。ついでに使ってないファイルを削除したり、Box に放り込んだり、dropbox の中も整理したり。

 

で、ここ数日猪突猛進な勢いでCybray やってたけど、正直おもろうなくなってたんよ。

んなもんで、「おや?おもしろくないですよ?これはどこか要修正なのかも?」とちょっと疑問を持ってみました。

あれです。ネガティブな気分になるってのは、一番ラクでうまくいく流れから「だいぶ離れてまっせー」ってサインなのですよ。それは単に「今疲れてるからお休みしましょう」って意味合いでネガティブな気分になることもあるけど。なので、「今、ネガティブに傾いてるのは何が理由だろう?」ととりあえず脳内会話で疑問を出しといた。出しておくと脳は勝手に答えを探しに行くんで。

で、今すぐできる「気持ちがラクになること」は何だろう?って考えて、「疲れてるから休もう」が出てきたからゆっくり寝た。いや、たっぷり寝たのほうが近いかな。

たっぷり寝たら気分も上向きになってきたので、「よっしゃー!」と内心ガッツポーズ。

お腹も空いてたので、ご飯も食べて。

 

Cybray のCompTIA A+ のコースはそれはそれは丁寧に解説してくれてるんで分かりやすいは分りやすいんよ。

でも、RAM はけっこう飛ばして見たけどw 実際にはそんなに使わなそうだしさー

で、A+ のコースの中にネットワークとセキュリティがそれぞれあったから、そっち先に見ようかと思う今日この頃。

それと、PHP もプログラム言語やん!ってことに気が付き。

だったら当初の目的通り、レッスンブック使ってこのブログを作るのをもっと進めればいいんじゃね?と思ったり。

そんなこんな。